カテゴリ:旅行( 60 )
★玉名温泉と大ソテツ
2015.02.27(金)晴れ        気温11.1℃

”二月は逃げる”とは、よく言ったもので
ふと気がつくと二月も明日でお終い。

今日は、雨上がりのすっきりしたお天気でしたが、
少し寒が戻った一日でした。

<ヒマラヤユキノシタ>ユキノシタ科
f0177175_7281855.jpg

26日、27日は温泉一泊旅行
県北の古い温泉地、1300余年の歴史ある玉名温泉。
かつては立願寺温泉と呼ばれ、白鷺が傷を癒したという伝説があります。
無色透明、源泉かけ流し、ツルっとしたすべりのよい泉質で、
神経痛などに効き、湯冷めしない温泉と言われています。

帰りに寄りました。
<天然記念物の大ソテツ>

大野下の大ソテツは、高さは4.4m、一番長い幹が7.2m
たくさんの幹が四方八方に伸びていても、元々は1本の株で
あることがわかっており、日本でも最大級の雌株蘇鉄は
貴重な国指定の天然記念物になっています
一本の幹ですよ。
f0177175_7324731.jpg

この大ソテツは個人の庭にあります。
このお宅の姓は何と"蘇鉄さん" 現当主で16代目だそうで、
代々この蘇鉄を守り続け、明治に入り苗字も蘇鉄とされたそうです。

そこにいたお爺さんへ誰かが聞いていました。
「このソテツは種から植えたのですか?」、、、 「私ゃしらん、昔からあった」
そりゃそうですよね~、、、、樹齢は1000年だそうですから(笑)
f0177175_7334161.jpg
f0177175_23384720.png

[PR]
by suzu1944 | 2015-02-27 22:16 | 旅行
★有田陶器の里へ
2015.02.11(水、祭)晴れ     気温12.3℃   建国記念の日

嬉野温泉に一泊の明くる日(10日)はホテルを10時にチェックアウト
せっかく近くまで来たので
焼き物の里、有田と波佐見の陶器を観る事にしました。

有田では5月の連休に"有田陶器市"が有り
様々な陶器を扱う店が並び、100円など手軽な値段のものから
何百万もする豪華なものまでバラエティーに富んだ陶器が町中に並びます。
その中から安くてお値打ちの物を見つけるのが陶器市の楽しみなんです。

窯元を訪ねて歩くのも楽しいものですが
今回は30店舗の陶器店が並ぶ"陶器卸団地"に寄りました。
f0177175_21532598.jpg

f0177175_22020962.jpg


季節がらお雛様も


f0177175_22180114.jpg
有田焼の原点である白磁、
世界最大の白磁のひな人形の七段飾りが飾られていました。
f0177175_01033126.jpg
うっとりと素晴らしい焼き物を見せてもらい、
小物を数点だけ買い有田を離れました。

帰りは高速を使わず、国道を208号を南下します。

柳川で遅いお昼ご飯
柳川名物"うなぎのせいろ蒸し"を食べました。

f0177175_22532553.jpg

この時期の柳川の川下りは炬燵舟、
2/11〜お雛祭りが始まり、柳が芽吹くころには
賑わいを見せる人気の場所です。

f0177175_22555231.jpg

emoticon-0115-inlove.gif後は一路家路へと安全運転
のんびりゆっくりの温泉一泊の旅を終えました(*^_^*)

f0177175_0103611.gif



[PR]
by suzu1944 | 2015-02-11 22:55 | 旅行
★日奈久温泉の旅
2015.01.20(火)晴れ~21(水)小雨     気温10.3℃

昨年の忘年会で「新年は、ゆっくり温泉でも行こうよ」と一人の友が提案
もう一人は「たまには電車に乗って昔栄えた温泉地にいこうよ」と、、、。

、、、、と云う訳で県南の温泉地"日奈久温泉"へ行ってきました。

熊本県下で最も古い歴史を持つ温泉です。
江戸初期に細川家の藩営温泉に指定され、
昭和5年には漂白の俳人種田山頭火も日奈久温泉に立ち寄っています。
f0177175_23342188.jpg

歴史の重さを感じさせ温泉宿の中でも、ひと際目立つ木造三階建ての建物
国の登録有形文化財(建築物)として登録されています。
f0177175_2292159.jpg

私達が泊まるのはここ、、、、少し新しいホテルです。
f0177175_2220566.jpg

ここを選んだのは、お部屋にお風呂がついているから(*^_^*)

勿論、源泉かけ流しのお湯で、3.4人は一緒に入れる広さです。
何度でも入れます。
f0177175_22301723.jpg

夕食もありきたりのものから、
ビーフシチューなど和洋折衷を美味しくいただきました。
f0177175_23173728.jpg

日奈久と言えば"日奈久竹輪"昔は軒並みにお店が並んでいました。
f0177175_2345515.jpg

残念なのはシャツターが降りたままのお店先
日奈久温泉も、頑張ってはいますが以前の賑わいは、今では夢の後です。
f0177175_23282988.jpg

熊本駅からローカル線で40分ほど八代駅までホテルの送迎が有ります。
慣れない電車の温泉旅、楽しんできました。
f0177175_07991.gif

[PR]
by suzu1944 | 2015-01-21 22:49 | 旅行
★ミステリーツァー(最終日)
2014.03.15(土)晴れ     気温14.2度

<ツァー最終日>
三泊四日の旅、あっという間に過ぎてしまいます。
今日は最終日、半分はバスの中でしょう。

ホテルを朝8時出発
雪の高速道をひた走り日本海側へと向かいます。
★”魚のアメ横”「〇〇魚の市場通り」でお買い物  寺泊


寺泊の港、こんなお店が並んでいます。
f0177175_1552723.jpg

蟹の試食
f0177175_1584131.jpg

お土産に大きなのを4杯買いました。
孫達の喜ぶ顔が見たくてお持ち帰りです(笑)
f0177175_1515212.jpg

最後の観光は★本堂の彫刻は必見  〇〇寺  永林寺

雪に埋もれた本堂で彫刻を見せてもらいましたが写真はいっさいNG
交通安全のお守りだとか、よくわかんない豆だとか、冊子まで
とにかくお金が絡んだお寺でした。
お説法も、、、、寒かった~(*^_^*)  
f0177175_15244381.jpg

魚沼で名産コシヒカリと、ジャンボ油げの名物料理で昼食
後は関越自動車道を420㎞走り羽田発18:10発→→20:00着で帰熊しました。

emoticon-0115-inlove.gif今回の旅、ほとんどがバスの中、ホテルも完全暖房、外は真白い雪景色
それでも全く寒さは感じることの無い旅でした。
                  
                        
                     終わり
f0177175_21201465.gif

[PR]
by suzu1944 | 2014-03-15 21:55 | 旅行
★ミステリーツアー(二日目)
2014.03.13日雨のち曇り       気温16.3度

春の嵐か吹き荒れ、寒くなりました。

<ツアー二日目>
★約150年前の戦いの舞台 〇〇〇〇〇    会津鶴ヶ城(若松城)

日本100名城の1つ、2011年3月に大改修を行い幕末当時の赤瓦に復元されています。
真っ白なお城、昨年の大河ドラマ、八重の桜の八重たちが立てこもり戦ったお城です。
戊辰戦争を戦った白虎隊の少年たちも当時、きっとこの天守閣を仰ぎ見たことでしょうね。

ボランティアガイドさんのご案内でした。
f0177175_19245435.gif


★昔話で有名な 「〇〇〇〇〇」 「狐の嫁入り館
「狐の嫁入り行列」などが行われるらしいがこの季節では訪れる人もないようです(笑)

★あったかストーブで川下り 〇〇〇〇ライン川下り   阿賀野川ライン川下り
自然の雪景色を眺めながらの川下り、雪もチラチラと舞っていましたよ。
船頭さんの唄や語りを楽しみましたが、ここにも私たち以外に観光客はなし(笑)
f0177175_20361910.jpg

★明治時代の 〇〇の館 〇〇〇〇博物館 豪農の館 北方文化博物館
越後の大地主の伊藤文吉氏邸をボランティアガイドさんの案内で見せてもらいました。

このお屋敷は敷地8,800坪、建坪1,200坪で部屋数は65を数える純日本建築です。
明治15年から8年の歳月をかけて造られたそうです。
土蔵造りの門や総けやき造り唐破風の大玄関など、農家とは思えない豪華さです。

大広間(座敷)で畳100畳の広さがあります。
各種行事や冠婚葬祭等が行われたそうです。
f0177175_15372823.jpg

大広間に面する庭、ここだけでも雨戸が26枚、
館を取り巻く廊下は全て、当時は珍しく貴重なガラス戸が使ってあります。 
f0177175_15491830.jpg

この雨戸の開け閉めには一時間かかるそうです。
とにかく人のいない広いお屋敷は寒々としていました(笑)
f0177175_1555301.jpg

当時50人余の従業員が働いており、
台所にあるかまどで毎日1俵の米を毎朝炊いていたらしい
f0177175_1995282.jpg

館内の展示物は当時としても高価な陶器等がたくさん展示してありました。

まるで大名屋敷みたいな豪華さでしたが、小作人の生活は厳しかった様で
何時の世も同じだなぁーと思いました。

お昼ご飯は
このお屋敷の昔は味噌蔵だったというお食事処で郷土食を頂きました。

★この時期ならでは〇〇の飛来地〇〇      白鳥  瓢湖

私は鶴を見たいと思っていたんだけどなぁ~、、、、、白鳥でした(笑)
それにもう三月、北帰行が始まったのか殆ど鴨ばかりの瓢湖でした。
f0177175_2052476.gif

歴史のある酒蔵見学と日本酒の試飲の後は
とある温泉地〇〇〇〇へ向けて100km移動 
車窓から見える雪も一段と深くなっています。
着いたところは新潟県  月岡温泉  白玉の湯 泉慶
大きなホテルで、お部屋も広々、温泉も広くて、またまた美人の湯だって、、、、うふふっ

食事も豪華でしたよ。
まだまだたくさん運ばれてきました(*^_^*)
今夜は最後の夜、地酒で乾杯しました。
f0177175_20313347.jpg

さてさて、食事の後は、気持ち良いほろ酔い気分で
ホールでひと踊り、、、、、今日はさすがに疲れました、、、オヤスミー(*^_^*)ぐっすり、、、。
f0177175_2114541.jpg

                  長くなりました。まだ続きます。
f0177175_21201465.gif

[PR]
by suzu1944 | 2014-03-13 22:45 | 旅行
★ミステリーツアー(一日目)
2014.03.12(水)晴れ      気温19.5度

どこかへ行きたいと話は出たが場所が決まらない、、、、、、と云う事で
行く先の分からない、ミステリ-ツアーに決定   6名で参加です。

<Sランクホテルに泊まるおもてなしミステリーツアー>

スケージュル表の場所は〇〇〇〇でふせられていますが、
滑らない靴と厚めのコート持参、、、、雪国に行くのだ!! (*^_^*)

一日目(晴れ)
熊本空港7:55発→→とある空港 9:25着  これは
すぐ分かりました、羽田空港です。

★建て替えられた〇〇〇〇    歌舞伎座
★往年の姿で復活した〇〇〇    東京駅
★人気スポット〇〇〇〇〇〇〇〇  東京スカイツリー
★お昼は新鮮なお寿司を〇で    築地

上記のように都内の名所を車窓より楽しみながら
貸し切りバス2台は九州からの参加者をのせてとある雪国のホテルへと出発。

車窓より 

f0177175_23243857.jpg


東北道から磐越道へ約340kmの走行距離を走りました。
少しづつ雪が見え始め磐梯山や猪苗代湖も見えて
とある温泉地は、会津若松東山温泉

約1300年前に名僧・行基によって発見されたと言われ、
竹久夢二や与謝野晶子などにも愛された東山温泉の奥座敷

東山グランドホテル泊まりです。
源泉かけ流しの温泉は美人の湯だとか、、、、一晩ではねぇ~

車窓からの磐梯山
f0177175_23174496.jpg

夕食は蟹やすき焼き、お刺身などたくさんののご馳走でした。
f0177175_7151451.jpg

                      つづきます
f0177175_0525041.gif

[PR]
by suzu1944 | 2014-03-12 23:28 | 旅行
★女性の会、一泊旅行
2013.11.20~21日(水、木)晴  気温15.2度

毎年この時期に町内女性の会は一泊旅行をします。
昨年まで旅行会社にお願いして、九州管内での一泊ツアーでしたが
寄る齢波、、、(笑)、、、、「近場でゆっくりがいいわ~」の声で
今回は近場の上天草で美味しいお魚を食べようってことになりました。

総勢24名、一時間30分ほどのバスの旅、お昼からの出発だし
送迎付きなので交通費も安上がりでうれしい、、、、(*^_^*)

お宿は野牛島という小さな島の一軒宿、料理宿です。
全館平屋造りで潮の香りが部屋の中まで感じられるのもうれしいですね。
f0177175_22142678.jpg

お魚料理が次々と出てきます。
f0177175_22593163.jpg

車エビ
f0177175_22204880.jpg

蛸の柔らか煮
f0177175_2325420.jpg

家庭から解放された奥様達、食べて歌って、食べて踊って楽しい夜でしたよ。
留守役のご主人様たちも、鬼の居ぬ間に、のんびりゆっくりきっと焼酎の量も増えたでしょうね。
それとも寂しかったかしら、、、、(*^_^*)

あくる日は
五橋遊覧船に乗ることにしました。
天草は小さな島を五つの橋で結ばれてパールラインと呼ばれています。
何時も車で通過する橋を海の上から眺めてきました。

赤いアーチ状になっている5号橋は、青い海に赤い橋が映えて、とても美しいですよ。
f0177175_2230711.jpg

一番長いのは4号橋
点在する島々を海から眺めながら
陸からとは違った迫力のある橋を下から見上げてきました。
f0177175_2231367.jpg

天草の島々、、、、、、一番奥は島原普賢岳

宿に戻ってお昼を食べて(またお刺身定食)、、、、暫らくゆっくり、コーヒータイム
f0177175_23192667.jpg

帰りは道の駅を二か所はしごして、お父さん達へお魚や干物のお土産買って
4時には帰りつきました。
次は新年会の場所決めなきゃ、、、、(*^_^*)
f0177175_23265425.gif

[PR]
by suzu1944 | 2013-11-22 23:07 | 旅行
★薩摩半島の旅、指宿温泉泊り
2013.04.30(火)雨   気温20.8度

28日29日と鹿児島、指宿温泉一泊で
朝早くから夜まで目いっぱい遊んできました。

emoticon-0115-inlove.gif二日間、素晴らしくいいお天気に恵まれました\(^o^)/

薩摩半島の南端に位置する標高924mの火山、
姿の整った山頂となだらかな稜線が美しく、別名「薩摩富士」と呼ばれ
「日本百名山」にも数えられています。
周りに高い山がないため、どちらの方向からもこの美しいを見ることが出来ます。

開聞岳(924m)
f0177175_723197.jpg

今回は開聞岳登山が目的出かけましたが、私は登りませんので
二日目の早朝に登山口で山仲間を見送った後は居残り組とあちらこちらと
薩摩半島を回ってみました。

「指宿枕崎線・西大山駅」
ここは九州最南端の駅です。
「最南端」という言葉を聞いただけで、どことなく旅情がわいて
鉄道ファンには人気の場所らしいですよ。

この駅からも山が見えます。 無人の駅です。
f0177175_8215093.jpg

一日目
指宿温泉に着くまで"日本一の蒲生の大楠""大水車"など見学しましたが
↓ここも自然に囲まれた良いところですよ。

藺牟田池(いむたいけ)
水鳥の飛来地や希少な生物の住みかとして重要な湖沼湿地を国境を越えて、
国際協力で保護するための条約、ラムサール条約て守られています。
f0177175_8421235.jpg

なだらかな6つの外輪山に囲まれた団扇状の火口湖で、
国の天然記念物「浮島」など、手つかずの自然がいっぱいです。

もう水鳥の渡り鳥は見られませんが
住み着いてしまった白鳥が数羽悠々と泳いでいました。
f0177175_12524866.gif

池の周りを一時間ほど散策した後、高台に一軒あるホテルで昼食をとりました。

色んな植物が有りますが
水上に奇妙な姿の気根(呼吸根)が出ている、樹木がみられました。
秋に葉が紅葉し、冬に葉が高所から鳥の羽のよう落葉するのだそうです。

ラクウショウ(落羽松)スギ科 ヌマスギ属
f0177175_10461933.jpg

根元に出ているのが気根(呼吸根)です。面白い形をしていますよ。
まるで七福神のように見えませんか(*^_^*)
f0177175_1050138.jpg

今回の旅、ホテルだけ予約のぶらり旅
お昼の食事は見かけた道の駅で地元の物を食べます。
薩 摩半島最南端に位置し、カツオ水揚げが盛んな山川港
道の駅 「山川港、活お海道」で新鮮なお魚を食べました。
f0177175_12473798.jpg

emoticon-0115-inlove.gif
その他、長崎鼻、篤姫ゆかりの地なども行きましたが月並みなところなので
ここまでにしておきます。
渋滞することもなく南薩摩のゆっくりの旅、でした。
f0177175_13415138.gif

[PR]
by suzu1944 | 2013-04-30 16:46 | 旅行
★暖かい大寒の日
2013.01.20(日)晴れ  気温10.8度     大寒

熊本市でも連日、最低気温が氷点下になったり、平均気温が平年を下回ったりするなど、
例年になく寒い冬となっています。
それでも今年になってお天気が良いので昼間は比較的暖かいのです。
大寒の今日も昼間は、お陽様のお蔭で暖かい一日でした。

お向かいさんの"ソシンロウバイ"が12月に開き始め、
今が満開、いい香りを放ってくれます。

素心蝋梅(ソシンロウバイ)ロウバイ科
f0177175_23212288.jpg

emoticon-0115-inlove.gif
今日は町内自治会の役員新年会、37名の出席
これでどうやら新年会も打ち止めです。
f0177175_23473886.gif

[PR]
by suzu1944 | 2013-01-20 23:02 | 旅行
★宮崎、日南の旅
2012.12.07(金)晴れ/夜一時雨       気温13.2度

夕方、テレビの画面が緊急速報に変わり
M7,3地震が三陸沖で発生した、津波警報発令中 だと伝えています。
3.11の大地震が頭に浮かびます。
緊張した場面が続きましたがどうやら解除されたようです。
現地の方々の不安さが思われます。

此方も夕方から凄い雨風と雷が鳴り響きました。
f0177175_2255942.gif

宮崎旅行2日目
日南海岸
昭和30年代から40年代にかけて宮崎は空前の新婚旅行ブーム
ピンクの洋服に白い帽子とスーツ姿の新婚さんがワンさと押しかけていたものですが

今はこの綺麗な海岸を独り占めできますよ。
f0177175_8392416.jpg
f0177175_8395839.jpg

emoticon-0115-inlove.gifその後平和台公園、飫肥城跡などを見学
車窓から巨人軍のキャンプ地などを見ながらお昼を食べて帰路へ
一泊二日の旅は終わりました。
f0177175_8542983.gif

[PR]
by suzu1944 | 2012-12-07 22:40 | 旅行