カテゴリ:山歩き( 38 )
★季節外れの茶畑
2015.06.21(日)晴れ       気温27.8度

昨日、今日と梅雨の中休みとなりました\(^o^)/

山のお仲間が九州オルレの一つ”八女コース”を歩くというので
私は風景を楽しんできました。

季節外れで残念ですが、360度に広がるお茶畑の風景、
八女は、伝統本玉露の生産量では全国1位のお茶どころです。
f0177175_18463074.jpg
016.gif
オルレとは
f0177175_18504571.gif

[PR]
by suzu1944 | 2015-06-21 23:57 | 山歩き
★山歩き

2015.05.24(日)晴れ  26.8度

いいお天気になりました。
今日は、山のお仲間さんとの山歩き

f0177175_08223106.jpg

阿蘇の北外輪から眺めた、阿蘇谷
千枚田
まるでパッチワークみたいに綺麗です。

f0177175_21152315.jpg

野の花にも会えました。
アカバナツメクサ、シライトソウ、サワオグルマ
ベニドウダン、ナルコユり

f0177175_13162513.jpg

f0177175_20182936.gif



[PR]
by suzu1944 | 2015-05-25 13:14 | 山歩き
★桜と野の花

2015.03.22(日)晴れ     気温15.5度

少し花冷えの気候です。
21日に開花宣言された桜の花
我が家の近くは今、この程度の↓桜開花状況です。
今週末が見ごろになるでしょうね
暫らくお天気続いてほしいです。

f0177175_2032339.jpg
f0177175_2341561.png

↓は福岡、越前町の奥にある砥上神社
福岡には神宮皇后に纏わる伝説が多いが、
この山もその一つです
皇后が朝鮮出兵の折、兵士を集めここで武器を砥がせ
武運を祈願したと云われる神社です。

f0177175_22093686.jpg


神社横から砥上岳へ登る友人たちを見送り
私は田園風景を楽しみました。

野原や空き地にごく普通にみられる雑草
澄み切った瑠璃色の花は結構可愛いのに、
数ある野草の中でもひときわユニークな名前の植物
<オオイヌノフグリ>ゴマノハグサ科
<別名>星の瞳、、、、こちらが似合う花ですね。
f0177175_21503106.jpg

白花もありました。
f0177175_21505667.jpg
野や低い山の道端などに生える多年草です。
茎が放射状に広がり地面にふたをしたようにへばりつくことから、
別名<ジゴクノカマのフタ>とも呼ばれます 。

<キランソウ>しそ科

f0177175_21530471.jpg

野イチゴの花はもう終わり
イチゴの形が出来つつありました。

f0177175_20415565.jpg




[PR]
by suzu1944 | 2015-03-25 09:12 | 阿蘇望会、山歩き
★山開きは雨で登山中止でした。
2015.02.22(日)小雨     気温13.9℃

今日は小雨の一日でした。

中止になる可能性が多かったけど、三角岳山開きの
参加の申し込みをしていたので出かける事にしました。

やっぱり、登山は中止になりました。
↓参加記念にタオルを貰いました。
f0177175_224260.jpg

山開き会場の近くで"三角ふるさと感謝祭"が開かれていたので一回りしました。
朝早いので食べ物は準備中でしたが
海産物やら農産物など試食しながら買い物をしたら

おまけに↓を貰いました\(^o^)/
不揃いのデコポン、卵、いろんな試供品、肥料もらった人もいましたよ。
f0177175_22434429.jpg

強い雨ではないのですが、小雨が降ったり止んだり

時間はたっぷり、、、海の方へ行ってみてもね~、、、何にも見えないの

近くの蘭の花屋さんを眺めたりで、、、、、午前中を過ごしました。
f0177175_22541391.jpg

お昼になったけど、山登りの予定なのでお弁当持参なのです。

帰り道の温泉、あじさいの湯に「お弁当食べても良いですかー」と
電話で予約したらOK、、、、ゆっくり温泉を楽しみ、早めの帰宅でした。

温泉の駐車場の周りは緋寒桜(寒緋桜)の花盛り。
f0177175_2140541.gif

016.gif雨の中でも気の合う仲間と集えば、みんな笑顔の楽しい一日でした。
f0177175_2373199.gif

[PR]
by suzu1944 | 2015-02-22 23:19 | 山歩き
★近代化遺跡と偉人の生家を訪ねる。
2015.01.26(月)雨     気温13.1℃

今日は一日雨模様、、、、今年初めての本格的な雨です。

昨日は、福岡と県境、県北の荒尾市に万田抗跡を訪ねました。
万田抗とは、明治35年から昭和26年まで出炭を続け、
三井三池炭鉱の主力坑として活躍した坑口です。

月が出た出た~月が出た~三池炭鉱の上に出た~♪と
炭坑節(福岡田川市が発祥の地)で歌われる三池炭鉱の一つです。

荒尾市は 近代産業遺産として万田抗を世界遺産に
登録しようと頑張っています。
近代化遺産、国史跡として周辺が整備され、市を挙げての活動で
観光客も最近は増加しているようです

こういった、近代日本を支えた原動力である施設は 
ぜひ後世に伝えていって欲しいですね。
f0177175_21585034.jpg

福岡と熊本にまたがる広大な跡地、煉瓦積の建物跡が
当時の繁栄を思い起こさせ、時代の重みを感じさせます。
f0177175_22134887.jpg

次に、この頃観光客が多くなった場所
宮崎八郎、民蔵、彌蔵、滔天の宮崎兄弟の生家跡
アジア解放という大志を抱いて人生を駆け抜けた三兄弟の生家というより
今は、昨年NHK朝のドラマ、"花子とアン"で知られる歌人、柳原白蓮(蓮子)の
駆け落ちの相手で、後に夫となる宮本龍一(宮崎龍介)の生家としても有名になりました。
この兄弟のひとり宮崎滔天の長男なのです。

ドラマのお蔭で訪れる人が急激に増えたそうです。

f0177175_2318343.jpg

もう一つ歴史の重みのある"岩本橋"
ここは江戸時代、三池往還の肥後と筑後の藩境にあたり、
藩の関所が置かれた石橋です。
f0177175_23592629.jpg

f0177175_0103611.gif

[PR]
by suzu1944 | 2015-01-27 23:08 | 阿蘇望会、山歩き
★長崎、五島の旅
2014.05.26(月)くもり       気温22.3度

24.25日一泊二日で
長崎市の西方、東シナ海に浮かぶ五島列島の一つ福江島へ行ってきました。

熊本から高速道路を長崎港まで3時間
長崎港からフェリーで福江島まで4時間

同じ九州なのに五島は遠い遠い離島なのです。

今回は山登りが目的です。(私は登りませんが)

港に16:25分着、
宿に行く前に福江のシンボル的な山をひと歩き
全面芝生に覆われた、丸くおわん状のなだらかな山なんですが、
5つの火山から形成された火山群の一角です。

山というより草原の丘歩き <鬼岳>標高315m
f0177175_20554950.gif

明くる朝は本番の登山をする仲間を、草づみ地蔵堂登山口で見送ります。
七ッ岳は標高は低いが、立派な山容、山頂から七嶽神社まで
屋根縦走コースを歩きます。

九州百名山<七ツ岳>標高432m
f0177175_228337.jpg

皆を見送った後は浜へ降りてみました。
五島の透き通った海は日本一美しいと言われて、
夏は若者でにぎわうそうですが、今は誰もいない海です。

f0177175_22284363.gif

下山場所の七嶽神社は
源平壇ノ浦の合戦に敗れた平家の7人の落ち武者の霊を祀った神社
全員無事下山の顔を見て一安心です。
f0177175_894395.jpg

一泊した宿は
島の西側の荒川温泉の小さな宿、、、、福江港から40分の場所
一人分がどこまでか分からない位の料理が並びました。
f0177175_7284141.jpg

五島列島は
平安時代には遣唐使船の寄港地になるなど大陸との交流拠点として栄え、
江戸時代には五島藩の統治下にありました。
また、弾圧を逃れてキリスト教徒が移住した地域で、教会や寺社をはじめとした
歴史・文化遺産が数多く、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の
世界遺産登録を目指した取り組みが注目されています。

名産品としては
海産物、五島うどん、かんころ餅、ツバキ油などです。
f0177175_1024581.jpg

帰りのフェリーが16:25発、熊本着22時過ぎとなる忙しい旅でしたが
山仲間との楽しい一泊旅行でした。
f0177175_11101999.gif

[PR]
by suzu1944 | 2014-05-26 20:21 | 山歩き
★小雨の散策
2013.11.17(日)曇り時々雨       気温14.1度

ここは阿蘇の山の南側、全く紅葉が見られません。
もう少し登りたいけれど、、、、小雨も降り出したので引き返しました。

また次の機会、晴れた日に訪れましょう(*^_^*)
f0177175_7442353.jpg

小雨の中を歩く私達を慰めるかのように咲く花、、、、(*^_^*)

ウメバチ草                             ヨメナ
f0177175_7124564.jpg

お天気だったら可憐な花ひらいてくれたでしょう

リンドウ                              ムラサキセンブリ
f0177175_715167.jpg

秋の彩も少しは見られました。

モミジ                               サネカズラ
f0177175_7174860.jpg

早々に温泉でお弁当食べてゆっくりおしゃべりして
お天気悪くても集えば楽しい私達でした。
f0177175_7513039.jpg

f0177175_739341.gif

[PR]
by suzu1944 | 2013-11-17 23:31 | 山歩き
★えびの高原に涼を求めて、、、、。
2013.08.19(月)晴れ   気温38.1度

昨日、ついに最高気温37度を超えました。
今日の市内は38度、天草では38.9度と日本で一番になったらしい。


昨日はそんな町中を逃げだして爽やかな風の吹く高原へ出かけました。

まず宮崎の矢岳高原に向かいました。
たいして散策する場所もないので展望台から眺めてみました。
山には雲がかかっていましたが、はるか遠くに霞んだ桜島が見えています。
(肉眼では見えたのですが、、、、)

その数時間後、桜島は大噴火を起こしました。
市街地に降灰して大変なようです。
f0177175_1616981.jpg

次は矢岳高原展望所から見えた"えびの高原"へ向かいます。

ここは1200m位の標高なので夏でも平均気温20度の涼しさ、
エアコンの風とは違う心地よい風が吹いていました。
木陰は肌寒い位の気温です。

色んな自然散策コースが有り、登山をしなくても十分楽しめる所です。

友人たちは"六観音お池めぐり(二時間ほど)"をすると言うので、私達二人は近場を
ゆっくりと楽しむことにしました。
火口湖の中でも一番小さな不動池の水はコバルトブルーをしていますが
写真では、、、、。
f0177175_1972934.jpg

016.gif
涼しい風に吹かれ散策と温泉を楽しんで、ささやかな庶民の一日だけの避暑、
帰れば今年最高気温が待っていました。
今日はエアコンの中で一日過ごしました。
f0177175_20464472.gif

[PR]
by suzu1944 | 2013-08-19 21:42 | 山歩き
★久住高原へ行く。
2013.06.17(月)晴    気温30.8度      

お天気は良くて日差しは強かったものの、梅雨時の蒸し暑さのない一日でした。

昨日今日とお出かけが続きましたが天気良くてラッキー\(^o^)/

まずは16日
久住高原で遊んできました。
久住連山の一つ、星生山(1762m)へ登る友人たちを牧ノ戸峠で見送り移動します。
登山口の駐車場は早朝でも満車状態で路上駐車が目立ちます。
f0177175_0184926.jpg

牧ノ戸峠から大分側に30分下ると長者原のドライブインが有ります。
その裏にはタデ原湿原が広がっています。
タデ原湿原は、くじゅう連山の北側、標高約1000m付近に位置し、ラムサール条約に登録
された中間湿原としては国内最大級の湿地帯。
湿原 と言ってもジメジメした感じは無く、むしろさわやかな高原の空気に包まれる所です。
ここから"坊がツル"標高約1,200mの高さにへと続きます。
f0177175_0361918.gif

木道から降りることはできないので、私のカメラでは小さなお花までは届きません。。
それに夏の花にはまだ早いようですが緑が綺麗です。
<ヒメシャラ>つばき科   まだ残っていました。
f0177175_0523219.jpg

<ヤマボウシ>ミズキ科
f0177175_1401999.jpg

近くにある日本一の吊り橋にも寄ってみました。
台湾から団体のお客様が一組、あとは二人連れや家族連れのドライブの方々で
いまだに結構賑わっていました。
f0177175_1475766.jpg

016.gif夕飯は父の日でもあるので外食の予定
帰宅早々近くの居酒屋さんで子供たち家族と068.gif乾杯!!一日でした。
f0177175_18169.gif

[PR]
by suzu1944 | 2013-06-17 23:13 | 山歩き
★阿蘇、小国  遊水峡の散策
2012.08.19(日)晴れ   夕立あり    気温34.5度

北外輪を超えて、小国の山奥にある遊水峡へ出かけました。
ここは川底がひろ~い岩盤になっていて、水深は浅くて綺麗な水が流れています。

周りは山の緑に囲まれて残暑の続く下界を忘れる涼しさです。
f0177175_738125.jpg

子供から大人まで水遊びを楽しんでいます。
スイカ食べてる人もいましたよ\(^o^)/
f0177175_8125885.jpg

子供たちや若い人たちが天然ウォーターシュートを楽しむなか
私たちは何をしたかというと
川の横の散策路を上流へ歩いて散策を楽しみました。
f0177175_8222870.jpg

上流へ向かうと二つの川が合流する"出会いの滝"
ここまで来ると川幅も狭くなります。
f0177175_825012.jpg

もっと上には、落差15mの"河童滝"がありここでも泳いでいる人たちがいます。
f0177175_8265094.jpg

ゆっくりと水音を聞きながら散策を楽しんだ後は
お弁当タイム
お隣の若いグループの焼くお肉の匂いを嗅ぎながら
わが〇〇グルーブは冷たい湧き水を利用して冷やしソーメンを作りました(*^_^*)
f0177175_8372096.gif

016.gif涼しい水辺で楽しんだ後は温泉へ移動してゆっくり温泉に浸り
楽しい夏の一日はあっという間に過ぎました。
市内へ帰ったらゲリラ夕立があり夜も涼しくゆっくり休めました。
f0177175_8412570.gif

[PR]
by suzu1944 | 2012-08-19 23:16 | 山歩き